ノンシリコンシャンプーの嘘と真実

正しいシャンプー選びで髪の悩みは解決できます

自分の今の髪の状態で、どんなシャンプーを使ったらば良いかを知れます。多くの人が、自分の髪の状態に悩みを抱えている人が多くいます。そういった時には、自分の髪質に合った物を選ぶと良いのです。

 

パサパサで水分が無い状態の髪の場わいでは、水分や潤いを与える事の出来るタイプを選びます。水分パックなどの機能性があるものや、椿油の成分が入っているタイプなどで洗えば、とてもしっとりとして艶のある髪になります。

 

頭皮に髪が少なく、薄くなっている時には、地肌に育毛効果があるシャンプーが便利です。毛穴に発毛効果があるタイプで、毛を健康にする為の成分が多く入っています。

 

コシの無い髪には、コシを与える成分が入っているものがお勧めです。ボリュームダウンできるタイプもあり、洗うと根元からダウンできるタイプがあり便利です。

 

買う時には、その中身の成分を調べてから買うと便利です。買う時には、容器に書かれている成分などを見てから買うと便利です。容器の裏に、全成分表示が書かれています。その表示には、その成分の配合量が多い順番に書かれています。

 

高級アルコール系や自然派の石鹸タイプ、頭皮や髪に優しいアミノ酸シャンプーの三種類に分けられています。ぱさつく髪の場わいには、髪を洗う時に肝心な潤いまで洗い流してしまう、強いシャンプーを使っている場わいがあります。そういった時には、低刺激の石鹸やアミノ酸のタイプを使うと髪も改善してきます。

シリコンってなに?

シリコンとは、名前は良く聞きますが、実際に何なのか分かっている人は少ないかもしれません。化学的に言うと、ケイ素にジメチルシロキサンが重合した化学合成物で、水にも油に溶けにくく、濡れにくいという特殊な性質を持っています。優れた撥水性を持ちながら、べとつかずさっぱりとした感触が得られるため、様々な化粧品に使われています。

 

化粧品だけでなく、ダイオードや太陽電池に使われたりもしています。化粧品では、日焼け止めなどに使われるほか、シャンプーにも入っていることが多く、主に髪をコーティングする役目をしています。入っていることで、髪をコーティングしてくれ、さらさらの手ざわり感が得られるというわけです。

 

最近、テレビCMなどでノンシリコンシャンプーを見かけることが多くなり、入っているシャンプーが悪いような印象を受けることがあります。一部で毛がつまって頭皮によくないと言われたり、髪によくないイメージで言われますが、そのことについての科学的根拠は出てはいません。シリコン入りのものは髪につやとこしが出来るし、髪どうしの摩擦も軽減する効果があります。

 

しかし、髪を補修したり保湿することは出来ません。そういった特性を知った上で、シャンプーを選ぶ時には、入っているか入っていないかで選ぶのではなく、自分の髪がどのような状態なのかを知り、それぞれの使用感を試した上で、自分に合っているのかどうかで選んだ方が良さそうです。

 

更新履歴